市場調査事例:飲料メーカーのキャンペーン広告効果測定(タイ)

  Dec 21, 2016

市場調査事例:飲料メーカーのキャンペーン広告効果測定(タイ)

業務内容 飲料メーカーのキャンペーン広告効果測定 業種 製造業 部門 販売促進部門
タイ

事例のポイント

調査背景
・タイの首都バンコクの街では、広告が溢れかえっている。
・それは「広告規制の寛容さ」+「人々の外出率の高さ」が要因。
・タイでは、「外出率」の高さから、広告販促活動(OOH)が非常に効果的。
・そのような状況下で、いかにして、既に展開されている自社広告を人々の記憶に残し、購買へと繋げていくのか、仮説の検証→戦略が必要であった。

成果
・今後の広告施策の提案
・企業メッセージ伝達度及び企業イメージへの貢献度を把握
・企業イメージを形成した情報源の検証
達成した点


・今回の広告やキャンペーンによって、商品への関心度がどの程度変化したのかを定量的に把握した。
・また、どの媒体が最も効果的であったのか、そしてどのようなメッセージが、訴求効果が高いのかを検証することが出来、今後の広告メッセージ立案へと役立てた。
・本広告、キャンペーンが購買喚起にどの程度貢献したかを検証し、クラスター分析後、各ターゲット層に効果的な広告戦略を導出。
・「認知媒体」と「購買プロセス」を照らし合わせることで、「TVCMのみ認知者」と、「TVCMかつ電車内広告認知者」とでは、「購入喚起の指標で顕著な差がみられる」ことを定量的に立証、購買プロセスに基づいたメディアの効果的な組み合わせを構築した。

DI担当者の声


タイの広告は、インパクトが強いビジュアル広告が多く、インパクトという視点だけでは、差別化を図りにくいのが現状です。
また、市場の成長に伴い競合商品、類似商品が増加し、より広告による商品の差別化が求められております。

そんな中で、実態把握のための市場調査と共に、広告効果検証を実施することは必要不可欠でありました。その結果を元に、広告表現や効果的な接触方法を考察し、さらに安定した広告運営へと繋げることで、クライアント様からの高い満足度を現在も維持しております。


市場調査の経験も踏まえた深い知見に基づく的確な進出戦略で、日本人および現地コンサルタントが御社のタイ進出戦略の構築をご提案します。タイでの市場調査をお考えでしたら、まずは一度ご相談ください。

市場調査サービスについての事例

Search for more of our insights

Related Reports