市場調査事例:バイクブランドの競合調査(タイ)

市場調査事例:バイクブランドの競合調査(タイ)

業務内容 バイクブランドの競合調査 業種 サービス業 部門 二輪部門
タイ

事例のポイント

調査背景と概要
経済成長が著しいタイにて、これまで順調に成長してきた自社ブランドもここにきて陰りが。競合の勢いも著しく、これからどう進んでいけばよいのか分からない。道評が欲しい。
そのためにまず、
1、購入層、意向層の市場実態を調査(購入、意向理由の把握)
2、各ブランド認知度
3、認知経路の把握
4、各ブランドの認知度が、どのくらい商品購入へ寄与しているのか
などをオンライン競合調査にて把握した。

成果
・タイでの今後の事業戦略の示唆
・競合ブランドとのポジショニングマッピングの提供
・タイ市場で有力な、カスタマージャーニーを数パターン作成
達成した点
ⅰ.「現在地」:現在のブランドの立ち位置、状況の把握
ⅱ.「目標値」:今後のブランドの方向性を示唆、KPI作成
ⅲ.「施策」:1、2を元にし、目標地へと辿りつくための道筋を提案

ⅰ.「現在地」
・競合ブランドとのポジショニングマッピングを作成し、現在の競合他社との市場シェア率、認知度、好感度、購入意向度の実態を的確な調査票を元に詳細を把握することに成功した。

・調査実施前に仮説として考えていた自社ブランドの「価値」と、生活者が期待する「機能的価値」や「情緒的価値」のギャップを相対的に事解、「施策」のための架け橋へと繋げることができた。

・「認知~興味関心~購入意向~購入」など、生活者の購入までに至る経緯を一連の流れとしてとらえ、各生活者がどの段階で歩留まりしているのか分析。そのボトルネックを発見した。
ⅱ.「目標値」
・確固としたブランドポジショニングのため、「重要性」「独自性」「優越性」を中心に目標値の設定を行う。
ⅲ.「施策」
・設定したKPI達成のための施策案を提案。
タイ市場に融合したコミュニケーションプランの策定、得にコアターゲット層である若年層に対してのブランド好感度を上昇させていく方法論、さらに購買意向へと繋げていく道標を「机上の空論」でなく、現地でのネットワークと知見を活かした実態を伴った施策を提供。結果として、KPIを達成することが出来、クライアント様が継続して弊社サービスを利用している。

DI担当者の声


経済の急成長が著しいタイ。タイでは、日本製品の信用度が高く、これからも多くの需要が期待されるでしょう。
得にタイの若者は、日本の若者と同様にスマホを使用して、情報収集するなど、両国の生活習慣は似てきています。

しかしながら、本調査でも肌感覚で実感しておりますが、実際は地域性も強く、独自の商習慣が存在しております。従って、日本での「実績」や「知名度」といったものだけで市場に参入できるほど甘い世界ではないと感じています。
タイの文化的な背景から、嗜好や生活習慣など、細かい部分までサーチした上で、市場実態を把握することが、タイビジネスを成功へと導くことになるでしょう。


市場調査の経験も踏まえた深い知見に基づく的確な進出戦略で、日本人および現地コンサルタントが御社のタイ進出戦略の構築をご提案します。タイでの市場調査をお考えでしたら、まずは一度ご相談ください。

市場調査サービスについての事例

Search for more of our insights

Related Reports