fridge1


キーファインディングス

  • 麻疹・ムンプス・風疹混合とB型肝炎、日本脳炎が最もよく認知されているワクチンである
  • ワクチンの認知は、医師からによるものが主である
  • 麻疹・ムンプス・風疹混合ワクチンが最も接種されている
  • ワクチン接種を行わない主な理由は「必要ではないと思うから」である
  • ワクチンを選ぶ主な基準は安全、品質と生産地である
  • 83%の人は国産ではなく、輸入ワクチンを選択する
  • ワクチン接種のためにパスツール研究所へ行くことが多い(31%)
  • 4人に1人はワクチン接種後に、副作用を経験している
  • ワクチン接種の目的トップ2は、女性の子宮頸がん(HPV)とB型肝炎である

























新興国であるベトナムで、必要とされる適切なデータが存在することはほぼありません。「この国ではどのような市場構造になっているのか?」を踏まえ、適切な助言と定量的な判断材料をご提供します。ベトナム市場調査なら、まずは一度ご相談ください。

地域・産業別レポートの関連記事