fridge1


キーファインディングス

  • 食品衛生の問題について、ほぼテレビを通して情報を仕入れている(34%)
  • 72%が食品は安全ではないと評価している
  • 不衛生な環境での食品の取り扱い(58%)と緩い食品衛生監視(58%)、が主な「不安全な食品」とされる理由である
  • 消費者は食品の品質に懐疑的であり、もっと注意して選ぶようになっている(62%)
  • 75%は不安全な食品から身を守るために、以前よりも自炊をするようになった
  • 生や火を通していない食品を選ぶ際に最も重要な基準は、良い見た目と香りである(35%)
  • 78%は清潔な見た目と、香りであれば生や火を通していない食品は安全だと思っている
  • スーパーマーケット(69%)と生鮮市場(52%)は安全な食品を購入できると信じられている。しかし、52%はスーパーマーケットの野菜の安全に疑いをもっている
  • 安全な食品のためであれば、1%~20%高くても購入すると68%は考えている
  • 81%のタイ人は食中毒に苦しんだことがある
  • 82%は国内の食品衛生状況が改善したとは思っていない




















新興国であるタイで、必要とされる適切なデータが存在することはほぼありません。「この国ではどのような市場構造になっているのか?」を踏まえ、適切な助言と定量的な判断材料をご提供します。タイ市場調査なら、まずは一度ご相談ください。

地域・産業別レポートの関連記事