fridge1


キーファインディングス

  • よく知られている主なワクチンはインフルエンザとB型肝炎、破傷風である
  • 主なワクチンの認知は医師からによるものである
  • 国内で最も接種されているワクチンは肝炎とジフテリアである
  • ワクチンを選ぶ重要な要因は安全性と品質である
  • 50%は輸入ワクチンを選び、50%が国産ワクチンを選ぶ
  • ワクチン接種の為には個人医院を利用することが多い(35%)
  • 32%はアメリカ産のワクチンが最も良品質だと思っている
  • ワクチン接種経験者の内1/4は、ワクチンによる副作用を経験している
  • 女性のワクチン接種の目的トップ2はインフルエンザと子宮頸がんである
  • 65%は定期健康診断を受けている
  • 62%はスクリーニング検査を知っており、45%がこのサービスを利用している
























新興国であるタイで、必要とされる適切なデータが存在することはほぼありません。「この国ではどのような市場構造になっているのか?」を踏まえ、適切な助言と定量的な判断材料をご提供します。タイ市場調査なら、まずは一度ご相談ください。

地域・産業別レポートの関連記事