ベトナムのスマホ市場

ベトナム人にとってスマホはもはや高級品では無くなった

今や、大多数のベトナム人が少なくとも一人一台はスマートフォンを所持している。

サムスンは、市場シェア30%を獲得して以降優勢を保ち、シェア26%のノキア(マイクロソフト)とシェア18%のiPhoneが後に続く。

中高生に人気なのはサムスン。
ホワイトワーカーだけでなく、ブルーワーカーにもiPhone人気が根強い。

売れ筋は100ドルから300ドルの価格帯で、大規模小売チェーン店でスマホを購入するベトナム人が7割を超える。

ベトナム人の8割は3G回線を使用し、スマホ利用時間の大半をFacebookに費やす。

 

 
 


新興国であるベトナムで、必要とされる適切なデータが存在することはほぼありません。「この国ではどのような市場構造になっているのか?」を踏まえ、適切な助言と定量的な判断材料をご提供します。ベトナム市場調査なら、まずは一度ご相談ください。

地域・産業別レポートの関連記事

Search for more of our insights

Related Reports