fridge1


キーファインディングス

  • ノートパソコンのブランドではサムソン、AcerとAsusが認知されている
  • 家電店の他に、フェイスブックとオンライン広告がブランド認知度を上げる最も有効なチャネルである
  • ブランドシェアトップ3:Acer、Asus、Dell。認知度とは反対にサムソンはシェアトップ5外である
  • ECサイトでの購入は7%であるのに対し、従来の販売チャネルが90%を占めている
  • 13~14インチが最も人気のサイズであり、次いで15~16インチと13インチ以下が人気である
  • 使用目的:若年層はエンターテイメントと勉強、年配層は主に仕事に使用
  • 顧客満足度:Dellがトップランクの満足度を誇る
  • 不満理由トップ3:バッテーリー寿命、デバイスの熱、RAMの容量
  • ブランド選択の際に品質、価格とブランドの信頼度が重要視されている
  • ≫トップ3ブランド:AcerとAsusは品質と価格に強く、Dellは信頼できるブランドであると認識されている
    ≫トップ4~6ブランド:東芝はブランディングと品質が非常に強く、一方でLenovoは求めやすい価格設定、HPは3つの基準のバランスがとれている




















新興国であるインドネシアで、必要とされる適切なデータが存在することはほぼありません。「この国ではどのような市場構造になっているのか?」を踏まえ、適切な助言と定量的な判断材料をご提供します。インドネシア市場調査なら、まずは一度ご相談ください。

地域・産業別レポートの関連記事