キーファインディングス

  • Nam Ngư とChin Su が最も多く利用されている
  • ベトナム人は昔ながらの調味料である魚醤を一番利用している
  • 66%は現在使用しているブランドに疑いを持っており、5%は全くもって信用していない
  • 多くの回答者(69%)は魚醤に含まれるヒ素を心配している
  • 問題点について、ほとんどの人々はテレビやオンライン、新聞を通じて知っている
  • テレビからの情報を最も信じており、販売店での情報は最も信用されていない
  • 回答者のほぼ全員が魚醤の問題について知っており、情報チャネルはテレビがほとんどである
  • 問題を受けて64%は使用頻度を控え、20%は使用を中止し、7%が他のタイプに変更した
  • 国中の回答者は昔ながらの魚醤が一番だと考えている
  • Nam Ngư、Chin Su、Thái LongとĐê Nhấtは最も伝統的ではないと思われている
  • 近代的(工場生産)魚醤と昔ながらの魚醤、両方のユーザーはNam Ngư、Chin Su、Thái LongとĐệ Nhấtを工場生産品であると認識している
  • Phú Quốc、Cát Hảiと584 Nha Trangは最も古典的であると認識されている
  • 近代的(工場生産)魚醤と昔ながらの魚醤、両方のユーザーはPhú Quốc、Cát Hảiと584 Nha Trang を昔ながらの魚醤ブランドとして選択した
  • 66%は昔ながらの魚醤へ変えようと考えている
  • 55%はヒ素が混入していない魚醤は健康に良いと回答した
  • 42%は無ヒ素と謳っているブランドの商品を購入したいと思っている
  • 45%の近代的(工場生産)魚醤ユーザーと42%の昔ながらの魚醤ユーザーは無ヒ素の製品を使用しようと思っている

 

 
 


新興国であるベトナムで、必要とされる適切なデータが存在することはほぼありません。「この国ではどのような市場構造になっているのか?」を踏まえ、適切な助言と定量的な判断材料をご提供します。ベトナム市場調査なら、まずは一度ご相談ください。

地域・産業別レポートの関連記事