1/3のベトナム人が自己流で治療

ベトナム人の肌悩みで多いのは、にきび(69%)、オイリー肌(48%)、肌荒れ(26%)である。

黒ニキビがもっともベトナム人に多いにきびのタイプである(66%)。

ベトナム人の1/3が自己流の治療法でニキビを治癒するという。

アクネス(60%)、ニベア(52%)、ビオレ(49%)が高知名度ブランドトップ3であり、TVコマーシャルが知名度アップには最も効果的である。

「信頼性(64%)、有効性(64%)、お手頃価格(55%)」が商品選択時のポイントである。

自己治療が主流といえど、医師はニキビ治療薬選択キーインフルエンサーである。

ベトナム人の大部分は、2-3ヶ月ごとに5ドルから10ドル程度のニキビ治療製品を購入する。

 

 
 


新興国であるベトナムで、必要とされる適切なデータが存在することはほぼありません。「この国ではどのような市場構造になっているのか?」を踏まえ、適切な助言と定量的な判断材料をご提供します。ベトナム市場調査なら、まずは一度ご相談ください。

地域・産業別レポートの関連記事