サービス国内での戦略的調査

事業の論点を明確に把握Issue Based Research

DIマーケティングでは、調査を実施する前に、クライアントの事業について徹底的な理解を図ります。
事前調査を通じて業界構造、競争環境、ユーザ変化について把握し、クライアントとの議論を通じて理解を深めます。
表層的な調査にすぐ着手するのではなく、本当に解き明かされるべき論点と仮説・アウトプットイメージを明確に定義した後に初めて調査の設計へと移行します。

従来の調査方法論ドリブン

方法論ドリブン 調査手法1

方法論に基づき、対象を分解・特定

方法論ドリブン 調査手法2

粛々と調査を推進

方法論ドリブン 調査手法3

不鮮明な全体像が判明

DIマーケティングの調査仮説ドリブン

仮説ドリブン 調査手法1

たぶん、このあたりが大事

仮説ドリブン 調査手法2

やっぱり。あとは、ここが確認できればOK

仮説ドリブン 調査手法3

鮮明な全体像が判明

DIマーケティングの調査フロー

  1. 論点を明確に把握する
  2. 仮説構築段階から議論に参加する
  3. 検証構造を組み立てる
  4. アウトプットイメージを作る
  5. 経営との議論資料に落とし込んだレポート
▲ページTOPへ